買い物依存症 チェック診断

買い物依存症 チェック診断

買い物依存症 チェック診断

買い物はやめられませんね。気に入ったものを選んで購入して、お金を払う、そして入手する、一般的に爽快感を感じると思います。

 

ですが、時にはその喜びを求め本末転倒になっていくこともあります。それが買い物依存症です。

 

通常、買い物というのは気に入った物を入手する喜びに、お金を費やす喜びがプラスされたような感じですが、買い物依存症においては逆で、お金をかけて何かを得ることに快楽を感じるのです。

 

そのくらいなら、まだ良いのですが、それをしないと生きていけない=つまり依存状態になるのですね。ここまでくると、病気です。

 

買う対象はなんでもよく、お金を費やすことに快楽を感じるので買い物の量や価格はどんどんかさみます。また自分の収入の範囲を上回って借金をすることになります。

 

それのみでは飽き足らず、たくさんの借金を重ね多重債務者になったとしても止められないのが「依存症」という病気なのです。

 

もはや自身の意思とは関係ありません。人は誰でも何かに頼って安心したいもの、これが異常のある形になると依存症、ターゲットが買い物の場合は買い物依存症になります。

 

つまり根本にある問題は買い物ではなく当人自身が抱えている問題です。

 

買い物はきっかけに過ぎないのです。買いすぎを抑えられない人ではなく「依存症」という名の病気であることを自覚しておくようにしましょう。

 

買い物依存症 チェック

ファッション編

1.一季節に服に10万以上、年間に50万以上使ってしまっている。
2.買った服の半分以上を年間通して一度も着ない事がある。
3.服(靴・鞄などファッション関連)を買っている最中は身に着けている自分を美化し、「この服を買ったらこんな自分になれる!」と妄想している。
4.お買い上げの瞬間、お金を払う時がとても気持ちいい、快感。
5.現金や銀行残高が少なくてもクレジットを使って買ってしまう。
6.予定外の買い物ではキャッシングを利用する事もある。
7.買っているときは3であげたように脳内お花畑なのに、買った後、家に帰ってすぐ、または翌日にはその心意気が消え失せ、もう着る気がなくなってしまっている。
8.1年に2回以上、リサイクルショップに行って買って着なかった服・靴・鞄を売っている。

 

食べ物編

1.1か月に1回以上、賞味期限切れのモノが見つかる。
2.1週間に1回以上、野菜を腐らせてしまう。
3.来客予定があるわけではないのに、お菓子の大袋が5つくらいは常にある。
4.常に食べるかもしれない、とお菓子を準備しておかないと気が済まない。
5.調味料などは常にストックがないと落ち着かない。
6.常に1週間先のメニューを考えてしまい、買い込んでしまう。
7.そのため、常に冷蔵庫・冷凍庫がパンパンだ。
8.特売の商品があると家に同じものがあるのに買ってしまう。

 

これで半分以上当てはまる項目があれば、買い物依存症の予備軍といえるでしょう。

スポンサードリンク

更新履歴

inserted by FC2 system